無料ブログはココログ

« 新しく始まります。 | トップページ | ついにあれを始めちゃいます。 »

2017年2月 5日 (日)

「やまとごころ」を憶い出そう。

いよいよ昨日立春から2017年が始まりましたね〜shine
節分の九星気学茶会、盛り上がりましたupDsc02340その流れを受けて
今月から新しく
メニュープランニングクラス(仮)
改め
大和撫子(やまとなでしこ)クラス
が始まります。(年齢性別問いません。男性も参加可能ですwink

久司道夫先生がご生前にこんなことをおっしゃっていました。
「クシマクロビオティックが世界に広がったのは妻アヴェリーヌのおかげ」
665352_290356644407912_1189464458_o島根県、奥出雲ご出身のアヴェリーヌ先生(本名久司偕子)は
アメリカで道夫先生とマクロビオティックを広げるために
世界中の人々が実践しやすいレシピを奥出雲の郷土料理を元に作り続けました。
Eriは残念ながら直接のご指導を受けることはできませんでしたが、
ありがたいことに
彼女から直接教えを受けた世界中の先輩先生たちに
たくさんのことを学ぶ機会を得てきました。

昨年、アメリカに行った時に
アヴェリーヌ先生とともにクシマクロビオティックを伝えてこられた
先生方、仲間の皆さん、ニュージェネレーションのマクロビアンたちに
お食事を作る機会を与えられました。
それはそれは、ドキドキワクワクする瞬間でした。
今でも思い出したら涙が出そうです。

慣れないキッチンに
慣れない食材
現地の仲間と一緒に
目の前にあるものでできる限りを尽くしました。

限られた時間の中で
ただただアヴェリーヌ先生が大切にしてこられたことを
まずは自分が実践しながら作りました。
それはキッチン内で手伝ってくれる仲間たちにも
言葉はなくとも
伝わっていました。

食事が始まり
おそるおそるダイニングルームを見渡すと
それはそれはいつもと違う空気がそこにありました。
Dsc08005
世界各地の何十人ものマクロビアンたちが
姿勢を正し、私語もせず、一口一口を味わっています。
それはそれは昔の古き良き日本の食卓があったのです。
Eriはいつもの彼らを知っているのでその行動の変化に目を丸くしましたeye

作る工程のエネルギーが
これほどまでに食べた人に届き、影響するのかと
目の当たりにした瞬間でした。
Dsc07929道夫先生、アヴェリーヌ先生と長年一緒にいた先生が
アヴェリーヌ先生が大切にしてきたことを大切にしているね。
みんなに伝わっている
ありがとう
と食事の後にコメントしてくださったほどです。
Dsc07811その後、Eriから料理を学びたいsign03
とアヴェリーヌ先生を知らない若きマクロビアンたちが殺到したのは
言うまでもありません(笑)。

アメリカに行って
環境に適応はしても
日本人が大切にしてきたことを貫いてこられたアヴェリーヌ先生。
その偉大さをかみしめさせられました。
そしてそれを伝えていく役目を自分は与えられているのだと思っています。

五福(うふ)の全てのクラスのベースにそれは流れていますが
今一度、アヴェリーヌ先生の教えを掘り下げ
日々の食事に活かしていこうというのが
大和撫子クラスです。

まずはアヴェリーヌ先生の料理の心得を毎回シェアします。
(現代、料理をする人が忘れている大切なことです。)
その時の季節にあったメニューを
その日の天気、気温、目的、意図に合わせて考えます。
もちろん、陰陽や五行も踏まえてなので
その時期の五臓六腑のためのメニューになっていきます。
レシピはありません。
用意されているのは季節の食材だけ。
それをどう切ってどう調理するかはみんなで作り上げます。

なかなか料理のアイディアがわかない。
アレンジが苦手。
レパートリーが少ない。
いつも作る料理がマンネリ化している。
とにかく美味しい料理が作りたい、食べたい。 

という方はぜひ。
いろんなヒントで皆様を導きます。 

今年始まる新しい2クラスは
それぞれの学びを深める
精神性を高める
というキーワードで進んでいきます。
もう一つのクラスについては後日またwink

今日もありがとうございましたclover

*******************

KMK(クシマクロビオティックス研究会)
2/24(金)10時〜
大和撫子クラス
2/26(日)10時〜

Gokanコース
平日コースと土日祝日コース募集中です。

Nicoさんのゆる〜り発酵部「天然酵母のカレーパン&酵母料理」
2/18(土)10時〜

リクエストにより開催します。
クシマクロビオティックコンシェルジュ資格認定講座
3/ 4(土), 5(日)
10時〜17時

お申し込みお問い合わせはこちらから

« 新しく始まります。 | トップページ | ついにあれを始めちゃいます。 »

教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2308453/69492994

この記事へのトラックバック一覧です: 「やまとごころ」を憶い出そう。:

« 新しく始まります。 | トップページ | ついにあれを始めちゃいます。 »